メンテナンス

コンプレッサーには定期的なメンテナンスが必要です

コンプレッサーをご利用の皆様、設置以降そのままにされていませんか?
コンプレッサーは設置して終わりではありません。
生産機器等に対し、コンプレッサーは重要な動力源です。その重要な動力源が納入後数年で壊れるような事があっては元も子もありません。
つまり、設置後「いかに長期にわたり安全に効率良く、尚且つできる限りコストをかけずにエアーを供給できるか」が、たいへん重要になってきます。

コンプレッサーが最良の状態を維持し、安心してご使用いただくためには、「日常の点検と定期的なメンテナンス」が必要です。

予防保全と予知保全

予防保全 定期的な整備を実施することによりトラブルの未然防止を図る
メリット 問題点の早期発見とトラブルの未然防止
安心、安全、安定稼働に貢献
定期整備を実施することで寿命延長が図れる
省エネルギーにも貢献
デメリット 定期的な整備費がかかる
予知保全 トラブルの前兆をとらえ、トラブルが発生することを未然に防ぐ
メリット 整備費を最少にできる(実際は予防保全をしなければ、
未然に防ぐことは難しく、高額な修理費がかかる場合が多い)
デメリット リスクが大きい
高度な技術を要する
重大事故につながることもある
エアー源が無く、工場が停止してしまう

予防保全が、安心して圧縮機をご使用になるポイントです。

こんな時はメンテナンスが必要です!

  • ・運転時の運転音が変わった
  • 振動が大きくなった
  • ・生産ラインに水や油が出た
  • 異音、異臭、発熱がある
  • ・オイルの給油量が増えた、補給周期が短くなった

メンテナンスを行うことにより、フィルターの目詰り等が改善され、省エネにつながります。
他にも目に見えた異常は無くとも、正常に作動しているとは限りません。
少しでもご心配な点やご不安な点がございましたらご相談ください。

緊急時にはコンプレッサーのリースをご利用下さい

定期的にメンテナンスを行っていても、コンプレッサーも機械である以上寿命があります。
前もってコンプレッサーが故障するタイミングがわかっていれば良いのですが、なかなかそうは行きません。
突然故障してしまった際に必要なのがコンプレッサーのリース(貸出し)です。

弊社の場合、コンプレッサーについて現在の用途、容量、出力数(kW)などをお伺いして、お客様のケースに適しているコンプレッサーをリースさせて頂いております。
コンプレッサーの故障・不具合でお困りの際はまずはご相談頂ければと思います。